ラノベ神髄
ライトノベルの感想やイラストを載せているブログです。 毎週のアニメの感想なども書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
聖地巡礼
今週の「ゼロの使い魔」。
アンリエッタ姫が登場!
声が吉田さんと同じですか、そんなに違和感も無いので問題ありません。
ただ1巻と2巻の内容がごちゃごちゃに混ざっていて、少々解り難いです。
混ざるのなら才人がアンリエッタにキスをしてしまうシーンを入れて欲しかった・・・・・・!
でもワルドが登場していないので、まだ手に口付ける前振りが出ていないんですよねぇ。
ところでフーケのコルベールに対する色仕掛けとが省略されていてちょっと残念。
まぁその分使い魔達の活躍に癒されたので、良しとしますか。
御馴染みのフレイムやシルフィード、マリコルヌの梟やモンモンの蛙も面白かったですが、やはりギーシュのヴェルダンデが素晴らしい!
早く才人が落ち込んでモグラと化すシーンを見たいものですよ。

今週の「NHKにようこそ!」。
さすがに先週よりはライトになりましたが、まだまだ佐藤君の凄さは続きます。
山崎に連れられて聖地秋葉原を巡礼。
メイド喫茶・同人誌・フィギュアに見事にはまり、山崎の訓示も脳裏に染み込んだのか、気に入ったものを際限無く購入。
山崎も街中で抱き枕を剥き出しで持ち歩くという高等技術を披露。
その眼に宿るのは恥じらいを度外視した超絶的クリエイター魂。
勇者だ……。
そして佐藤君の前に、昔憧れていた先輩が登場。
この人もかなりエキサイティングな人なので、気をつけて見なければ。
今週の「となグラ!」。
ニーナに懐かれて、困りながら回避するまりえ。
猫に囲まれたところを助けてあげたりして、少しずつ2人の距離は縮まり、遂には夕食を共にするにまで至ります。
仲良くなれたことが嬉しくてニーナは勇治に抱き付き、勇治はその恩恵を最大限に享受。
そこをいつも通りにまりえの銃弾が直撃!
勇治のセクハラ相手がまた1人増えて、まりえは来週も大忙しになりそうですな。
スポンサーサイト
無理難題
今週の「つよきす」。
カレー屋でバイトをすることになった素奈緒。
しかしそこは蟹のバイト先でもあったのです。
蟹は先輩風を吹かせて威張りまくり。
所構わず怒鳴り散らして、あれでよく接客業が務まるのものだと思ってしまいます。
更に素奈緒にメニューを一晩で覚えてこいと無理難題を提示。
しかし素奈緒は持ち前のやる気で、本当に全部覚えてきました。
その結果蟹は少し丸くなり、2人は歩み寄ることが出来ました。
これが蟹のツンデレに相当するのでしょうかね。
同性相手なのでパワーがやや弱めですが、原作でのレオへのツンデレはこれ以上のカタルシスがあるということなのでしょうな。
それはさておき、私のお気に入りのよっぴーの当番回は一体いつになったら放映されるのでしょうか?
早く鑑賞したいです。
神聖な空間
今週の「ストロベリー・パニック!」。
エトワール選が近付いてくる中、渚砂は静馬の昔のパートナーが気になって仕方がありません。
そんな心理に巧みに付け込んで、静馬は渚砂をもみじ狩りに誘うことに成功。
先に約束していたのに、ドタキャンされてしまった玉青はかわいそう……。
来週静馬はもみじではなく渚砂を狩るのでしょうな、きっと。
ちょっと内容がドロドロしてきているので、渚砂とエトワール選に出るという千代ちゃんの妄想を清涼剤にしようかと思います。

今週の「ああっ女神さまっ」。
神と魔のバランスが不安定になってしまったウルドを救う為に、母親のヒルドが登場。
願いの代償が娘にお母さんと呼んでもらうことなんて、微笑ましいですなぁ。
あとヒルドが蛍一を欲した時のベルダンディーの対応。
「ダメです」
あまりにも見事な即答。
ここまで想われる蛍一が羨ましくてたまりません。

今週の「ひぐらしのなく頃に」。
生爪を剥ぐシーンが凄過ぎる!
「るろうに剣心」の十本刀の方治を思い出しましたよ。
それにしても当主の婆さん。
孫に対して愛情の欠片も無いのでしょうか。
彼女が往生しても誰も泣いてくれない気がします。

今週の「うたわれるものラジオ」。
初ゲストとしてアルルゥ役の沢城さんが来て小山さんは大喜び。
しかし柚木さんとしては2人の間に御邪魔虫が現れて、完全に御機嫌斜め。
沢城さんまで自分が神聖な空間に乱入してしまったと自覚していていたのが笑えました。
あと小山さんがアルルゥの口調を真似して
「お父さん♪」
と演技していたのも爆笑ものでした。
もう完全にこのラジオにはまってしまい、抜け出せなくなってきております。
健康ランド
今週の「ハチミツとクローバーⅡ」。
傷心中の山田を美和子さんが健康ランドに連れて行き、風呂やビールの攻勢を掛けます。
策は見事に的中し、へべれけになった山田は美和子さんと一緒に就寝。
そして美和子さんが電話をした時の野宮の反応は、
「見てぇ……」
……まぁこれは男として自然な反応だし、山田の与り知らぬ会話なので問題無いでしょう。
しかしその後久々に事務所に戻って来た時、こともあろうに野宮はリーダーを出しにして、山田に触ろうとしやがりました。
早まるな小僧!
先週の感想でも書きましたが、野宮はもっと時間を掛けて、山田の心の氷を溶かしていって欲しいものです。
もっと長期的な視点で、大局を見る様にしてくれなければ……。
それはそうと、やはりリーダーは可愛いですなぁ。
リーダーを膝の上に置いて歌う山田にホの字ですぜ。
濃密
今週の「桜蘭高校ホスト部」。
庶民見学の為にデパートに行くことになったホスト部の男達。
ペットショップの犬にじゃれ付かれたり、メリーゴーランドを堪能したりなど、案外心底楽しんでいます。
デパート屋上のお約束とも言えるヒーローショーにはれんげがノリノリでお姉さん役をやったりなど、笑い所も満載。
そんな中、仕事で寝不足のところを強引に連れてこられた鏡夜先輩だけはかなり御機嫌斜め。
そこへ偶然にも我らがヒロインのハルヒが登場。
無一文だった鏡夜先輩にファーストフードなどの施しを与えながら、彼の偽悪的な一面に触れ考察していきます。
一見殿と正反対な性格に見える彼も、ハルヒの観察眼の前には近似したものに映る様です。
双子を的確に見分ける程卓越したその能力。
ホスト部の連中がハルヒにメロメロになるのは、この要因が大きいのでしょうなぁ。
あと最後の迷子のお呼び出しも良かったです。
鏡夜先輩のプライドはズタズタになり、おそらくあの後殿には手痛い折檻があったに違いない。

今週の「いぬかみっ!」。
「マッチョでペロペロ!」の悪夢再来!
マッチョ(しかもゲイ)の方々と繰り広げられる試練の数々はとても濃密でした。
うっかりマッチョと接吻してしまったり、更には結婚までさせられそうになったりして、啓太にとってはまさに生き地獄。
これだけでも凄まじいのですが、やはり最高に笑えたのは赤道斎でしょうな。
最初からひたすらキザな台詞回しを続け、如何にも仮名さんの先祖らしいというイメージを視聴者に植え付けておいて、最後の最後でマンモスの登場。
この最後までの引っ張り方が絶妙だと思いました。
それにしても真面目な顔して下半身だけは裸という姿は強烈過ぎて、全裸の裸王よりかえって変態度が勝りますな。
クサンチッペの先行者ぶりも見られて、兎に角爆笑の回でしたよ。
眼福
コンプエース最新号のピンナップに「ななついろ☆ドロップス」の描き下ろしイラストが!
すもも・ナコちゃん・結城の水着姿が拝めて眼福でした。
清涼感のある素晴らしいイラストで、テックジャイアンの文庫用特製カバーと合わせてかなり美味しい思いをさせて頂きましたよ。

ようやく「鋼の錬金術師」の最新刊をゲット!
リンがグリードになるシーンは、悟空が超神水を飲んだ時を彷彿させました。
そこまでして得たかったという賢者の石の力、果たして祖国の為に使える日が来るのか心配でなりません。
やはり戸愚呂兄に乗っ取られたグルメ巻原の様に、グリードの圧倒的な支配力の前にひれ伏してしまうのでしょうかね。
私としてはランファンの為に是非ともリンに復活して欲しいものなのですが……。
あと巻末の描き下ろし短編が実に良かった!
トイレで新聞読みながらという間抜けな恰好をしながらも、しっかりと子供のことを考えているホーエンハイムに感心しましたよ。
それと初回版に付いていたラフ画集は、アームストロングさんがやたら多くて笑えましたな。
永遠の謎
今週の「つよきす」。
今まであまり目立っていなかったなごみの話。
亡くなった父をとても愛していた為、母の再婚予定の男をどうしても受け入れることが出来ないなごみ。
そんな彼女が素奈緒の演劇にかける情熱に感化されて、徐々に家族に歩み寄る様子は心温まりますな。
ところで素奈緒は大根に対して過剰に反応し過ぎでは?
いくら大根役者を連想するからといって、食べ物自体にまで拒否反応を示すとは些かやり過ぎかも。

今週の「うたわれるもの」。
やはりクーヤは可愛いなぁ。
室のことを聞かれた時に、
「君を室に迎えたい」
と心の中で叫んだのは私だけではない筈だ!
あとガチャタラも登場していましたね。
霊獣の肝が良薬になると聞き、はりきるオボロに投げかけられるユズハの拒絶の言葉。
その言葉に多大なるショックを受け、ヤケ酒するオボロ。
そんな若様の介抱を頼まれたドリグラの笑顔はとても眩しかったです。
果たして翌朝オボロの貞操が無事だったのかは永遠の謎と言えましょう。
またトウカがガチャタラに萌える様子も存分に堪能させて頂きました。
ようやくシリアスではない日常のトウカを拝めて嬉しいですよ。
シエスタ最高!
今週の「ゼロの使い魔」。
原作に無いオリジナルの話で、何とシエスタが好色貴族の妾にされそうに……!
それを聞いた才人はすぐに好色貴族の館に駈け付けます。
そこでシエスタとの交換条件に提示されたのは何とキュルケの実家の家宝。
紆余曲折を経て結局交換は成立するのですが、何とその正体は才人の世界の官能雑誌。
好色貴族の満悦の笑みが印象的でした。
ミス・ロングビルを見る時の目といい、スタッフさんはこの好色貴族の描写に相当力を入れている様で、かなり笑わせてもらいました。
しかしそんな笑いもシエスタのキスの前には塵芥も同然!
シエスタ最高!
やはりお淑やかな雰囲気の中に突然表れる大胆さがモロツボです。
あと何気に才人が他の使い魔達に懐かれているシーンも注目。
早くヴェルダンデやフレイムと仲良しになるシーンが見たいものですよ。
そしてギーシュの名台詞、
「断然同意だ! トリスティン貴族の名にかけて! 断然! 同意であります!」
も堪能したいです。
さて来週は麗しのアンリエッタ姫の登場。
彼女も大好きなので、今から涎が止まりませぬ。

今週の「NHKにようこそ!」。
このアニメはU局の表現規制の限界に挑戦しているのでしょうか?
まさかここまでやるとは思っていなかったのでビックリです。
食事も風呂も忘れて、佐藤君はギャルゲー三昧。
そしてネットサーフィンの魔力に誘われ、火山の爆発が続く毎日。
山崎は麻薬を与えてしまった様です。
それを自覚した佐藤君は麻薬からの脱却を求めて、何と盗撮行為に走ることに……。
漫画で読んだ時と比べて痛さの迫力が雲泥の差です。
さすがGONZOさん、凄い演出ですな。
感服しました。

今週の「となグラ!」。
勇治はきちんとしていれば結構なイケメンらしく、転入したクラスでは女子から黄色い声がわんさかと。
それを見ていた香月は自分に対してもきちんとして欲しいと思いますが、それは叶わぬ願い。
やはり幼馴染みの前でだけは虚飾に囚われない素直な自分でいたいのでしょうな。
それはそうと自分を抑えていた反動からか、ちはやに正体を看破された時の解放ぶりはとてつもなかったです。
そしていつも通りに初音のマシンガンの直撃をくらい吹っ飛ぶ勇治。
何だか「アイシールド21」のヒル魔を思い出してしまいました。
子供のお小遣いだと弾を買うのも大変でしょうなぁ。
若しくは親から必要経費として出ていたりするのかも。
フラグ消失
今週の「ハチミツとクローバーⅡ」。
真山と理花さんが遂に一線を越えてしまいました!
嗚呼、これで完全に山田ENDのフラグが消失することに……。
まぁストーキングをしてしまう程好きであるのなら、もう諦めるしかなさそうですな。
こうなると山田は野宮とくっついてしまうのでしょうかね。
だとしたら何年間も野宮が誠意を見せ続けて、山田が真山のことを完全に吹っ切ってからが望ましいです。
傷心に付け込んですぐにくっつくのは勘弁願いたいところ。

今週の「ストロベリー・パニック!」。
演劇を皆で成功させようと頑張るわけですが、要と桃実がそれを邪魔します。
今までは光莉や天音など個人に対しての妨害だったのですが、今回は団体行動の規律を乱すものなので些か興醒めです。
いやはや、あれではスピカの生徒会の運営も大変でしょうなぁ。
そんな妨害にも負けずに渚砂が見事に代役を演じきった時は感動ものでした。
もちろん千華留さんの演じるカルメンも美しく、とても素晴らしかったですけどね。
ただ少々残念だったのは、中等部の演劇が殆ど描写されなかったこと。
「ロミオとジュリエット」を観るのをとても楽しみにしていたもので。
[感想]アスラクライン4 秘密の転校生のヒミツ
スタビライザの力により姿が普通の人の目にも見えるようになり、3巻の最後に智春のクラスに転入した操。
クラスの皆は操緒の美少女っぷりに色めき、智春は男達から妬みの視線に曝され、杏に至っては不機嫌そうに顔をしかめて、全く話し掛けてこないような状況。
といった具合にただでさえ頭が痛い中、洛芦和高校を未曾有の事態が襲います。
それは近頃巷を騒がせている下着泥棒。
あまりの略奪の鮮やかさから、同業者からはハーメルンとまで呼ばれている手練です。
その犯人がこともあろうに水泳の授業の最中にクラスメイトの女子達の下着を根こそぎ盗んだのです。
怒りに明け暮れる佐伯妹に駆り出され、犯人逮捕に尽力させられることになる智春。
それに加えて科学狂会に招聘されたアニアという海外留学生の世話役までやらされるというおまけ付き。
アニアはまだ幼いながらもアスラ・マキーナのシステムを熟知する天才少女であり、しかも嵩月と同様に悪魔でもあるとのこと。
案の定扱いが難しく、智晴は何度も苦悩する羽目に。
一方下着泥棒の被害も止まることを知らず、朱浬さんや嵩月の下着まで盗まれてしまう始末。
盗まれたと知った時の2人の怒りは相当なもので、特に嵩月は普段殆ど怒らないので、その静かな怒りは多大なる迫力を醸し出します。
これらの女性陣の執念も手伝って、智晴は東奔西走の末に下着泥棒を見つけ出します。
しかしながら下着泥棒の力は強大で、何とアスラ・マキーナまで使いこなします。
それだけでも強いのに、更に使い魔までいるという完璧な布陣。
彼の登場により、ハンドラーでありながら悪魔との仲に使い魔を儲けた存在“アスラクライン”の全容が見え始めます。
そしてその先にはアニスが日本に来た真の理由もあり、アスラクラインが生み出した悲しきドラマが展開されていくといった概要です。

今回私が大好きな嵩月の出番が少なくて(由璃子さんとの絡みは最高でしたが)、ややパワーダウンかと危惧しましたが、そのぶん新キャラがなかなかの活躍を見せてくれて埋め合わせをしてくれました。
アニアのドジっ娘なところ、小さく可愛らしくてマスコットみたいなところはとても良いです。
また前述の真の理由、ここからはアニスの健気さが見て取れて、ジーンときてしまいます。
実に将来が楽しみな逸材であり、智晴が使い魔を儲けたくなってしまう日もそう遠くないのではないかとさえ思います。
そして注目すべき新キャラはもう1人います。
佐伯と同じ関東学生連盟に所属する千代原はる奈さん。
あの京都弁を聞いていると、「フルメタル・パニック!」のお蓮さんを思い出します。
まだそんなに掘り下げて描写されていませんが、容姿もかなり好みなので今後の展開が気になって仕方ありません。
あとこれは別に新キャラというわけではありませんが。挿絵でちょっとだけ出てきた杏のお母さん。
あまりの若さにビックリしました。
とても高校生の娘がいるとは思えませんな。

さてこの巻ではアスラクラインの1つの末路が示されたわけですが、やはり智春もいずれは同じ岐路に立たされるのでしょうかね。
ベリアル・ドールと悪魔、この究極のジレンマに彼がどの様な答えを出すのかということを考えていると、心が高揚してきます。
早く5巻が読みたいものですよ。
まぁ私なら迷わず嵩月でファイナルアンサーしますけどね。
彼女と一緒に使い魔を作りたい!
asura4.jpg

座敷童派
今週の「xxxHOLiC」。
以前衝撃的なデビューで立ち所に私の心を盗んでみせた座敷童が登場!
管狐の巨大化とか見所はたくさんあったのですが、座敷童の可愛さの前に全て吹っ飛びました。
四月一日も髪飾りをあげるなんて心憎いことをしますなぁ。
もう完全に私はひまわりちゃん派から座敷童派に移ったので、もっと座敷童を登場させて尚且つ四月一日とくっつけてくれー!
制裁
今週の「いぬかみっ!」。
なでしこを除けば薫軍団で最も攻撃力に長けているたゆね。
しかし気丈な少女にも意外な弱点がありました。
それはズバリお化け!
いぐさの怪談に怯え、いまり&さよか達の罠に慄き、泣きながら走り出す様は普段とのギャップもあり可愛らしいものです。
またそれに対する啓太の絶妙なフォローも評価。
スケベ心抜きにこういったフォローを出来るからこそ、薫も啓太を心底慕うのでしょう。
まぁ私は薫よりカオルの方が好きですけどね。
そういえば来月発売の新刊の表紙はようこ&カオルですな!
啓太のことをお兄ちゃんと呼ぶ話がちゃんと収録されていることを祈ります。
あと来週はとうとう赤道斎が登場します。
裸王である啓太を遥かに超越する究極の変態。
来週は笑い過ぎで倒れない様に気を付けなくては!

今週の「ひぐらしのなく頃に」。
まさか詩音が悟史のことを好きだったなんて……。
彼に迷惑をかける沙都子への制裁は凄まじかったです。
「おまえなんか死んでしまえ!」
ラディッツを思い出しましたよ。
それにしても冒頭ではとても仲の良かった魅音と詩音が後にあんなことになるなんて、何だか悲しいですな。
辺境の女
今週の「桜蘭高校ホスト部」。
ハルヒの昔の友人の新井君に嫉妬しまくりの光。
険悪なムードになりそうなところを馨が上手くフォローします。
その一環のハルヒと光のデートでは、案の定殿が涙を流しながら尾行。
途中で間接キスを阻止した敏腕振りには感服しました。
更にまたしても新井君に嫉妬してハルヒを置いていってしまった光に対しての叱責。
雷を恐れるハルヒを心底心配し、そしてだからこそ容赦なく光を責めた殿の優しさには心を打たれましたよ。
光は深く反省してハルヒを救出。
新井君に対しても丸くなり、またひとつ成長したというわけです。
ところでまた双子の幼い頃の映像が流れていましたが、ハルヒらしき少女とのエピソードはまだ明かされないんでしょうかね。
気になります。

今週の「うたわれるもの」。
エルルゥの肩揉みが良いですなぁ。
2人の絆が確固たるものになってきて、嬉しいです。
そういえばラジオの2回目を聴いたのですが、柚木さんと小山さんのラブラブ度が更に高くなっていました!
「2人は結婚した方が良いと思います」
というハガキがありましたが、まさにその通りだと思います。
田中さんへの嫉妬など、実に美味しい。
しかも少し辺境の女と化している様な箇所もあり、終始ニヤニヤしながら聴いていました。
さて本編に戻りますが、遂にクーヤが登場しました!
来週から夜な夜な密会を続けるのかと思うと、期待が大きくなるばかりです。
サクヤの床上手も早く堪能したいですぜ。
ど真ん中ストレート
今週の「となグラ!」。
勇治の萌え指数を野球の審判が判定するのがとても滑稽。
ど真ん中の剛速球やビーンボールなみの大暴投などのバリエーションがあり、笑えます。
そしてトドメの御飯粒パクリでは何と165キロ超えのど真ん中ストレート、ノーラン・ライアンを超えましたな。
これにより完全に勇治はKOされ、あとはいくらでも料理出来たのですが、香月は優しく許します。
と思った矢先に初音さんの策略により、あられもない姿となってしまった香月。
当然勇治はケダモノと化し、いつも通りに叩きのめされたところで終了。
来週はちはやとの絡みが楽しみです。

今週の「NHKへようこそ!」。
佐藤君の後輩の山崎が登場。
あの声と口調だと、まんま「銀魂」の新八ですな。
大恩ある先輩にも容赦無く怒鳴り声をあげるところなど、まさに新八が銀さんにそうしている様に聞こえます。
それはさておき、岬ちゃんへの逃げ口上である"クリエイター"への道。
嘘から出た実とばかりに佐藤君は山崎と共にゲームを作ることに。
原画を山崎、シナリオを佐藤君が担当することになるのですが、制作期間が1ヶ月だけなのはかなり厳しい……。
原作でも未だにプロットしか見られていないこのゲームを、アニメではどう表現するのやら。
そういえば原作6巻の限定版に付いてくるのは、このゲームなのでしょうかね。

今週の「ゼロの使い魔」。
キュルケの色気にやられる才人を見て、動揺して鞭で叩くルイズが素晴らしい!
それを嫉妬と指摘して、更に叩かれてしまう才人との掛け合いがたまりませんな。
またキュルケのボーイフレンド達の薄幸さも上手く表現。
6時間後と言われて、もう朝だというのはやはり笑ってしまいます。
あとはタバサのサイレントの魔法や使い魔のシルフィード、キュルケの武器屋への色仕掛けなどが忠実に再現されていたと思います。
ただデルフリンガーの意識の顕現のタイミングが微妙に違いましたな。
まぁこれは目くじらをたてる程のものではないので、良いでしょう。
ところで次回予告を見ていたら、かなりシエスタの萌え展開が拝めると見受けました。
これは今から涎が止まらないというものです。
移行
本日より日記からブログに移行しました。
と言っても書く内容にあまり変更はありません。
こちらの方が見易いかなと思ってやっただけなので、あまり深く考えずにお付き合い下さると幸いです。
宜しくお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。