ラノベ神髄
ライトノベルの感想やイラストを載せているブログです。 毎週のアニメの感想なども書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大移動
今週の「コードギアス 反逆のルルーシュR2」。
100万人のゼロの大移動により、スザクを見事に出し抜けて気分爽快。
しかも神楽耶が扮するゼロという何とも可愛らしいものも拝めてたまりませぬ。
また扇とヴィレッタのすれ違いには心を打たれましたな。
この2人は是非とも最終回までにくっついて欲しいものです。
あと心を打たれたといえば、ルルがユーフェミアを想ってランタンを流すシーン。
その直前のナナリーとスザクの掛け合いからの流れが上手く、とても良い演出だったと思います。

今週の「図書館戦争」。
査問に苦しめられる郁を必死に救う堂上。
優しくされてぽろぽろ涙を流す郁が果てしなく可愛いです。
更にそんな彼女の頭を撫でるために、堂上が背伸びするシーンが最高!
久々にベタ甘展開を堪能出来ましたよ。
そして手塚と柴崎のフラグも順調に立ってきて、ニヤニヤが止まりませんぜ。
早く手塚の究極の名言「担保が足りない」をアニメで見たいですな。
スポンサーサイト

テーマ:コードギアス 反逆のルルーシュ - ジャンル:アニメ・コミック

英雄色を好む
今週の「コードギアス 反逆のルルーシュR2」。
ナナリーをことを想って、ゼロを止めようかとまで悩むルル。
それを心配して探しに来たカレンに対し、彼が言った言葉は「慰めろ」。
ウホッ、これはもしかして全国の青少年たちが歓喜する展開に……!
と思いきや、キスの直前でカレンは拒否。
乙女心は何とも複雑ですな。
でもきっと投げ遣りな態度ではなく、ちゃんと手順を踏んでムードのある告白をしていたら、きっとカレンはそのまま受け入れていたに違いない!
そんな具合に妄想を逞しくしていたわけですが、その後矢継ぎ早に神楽耶の三人官女発言もあり、その度合いは更に強まることになりました。
英雄色を好むとはよく言ったものですわ。

今週の「ヴァンパイア騎士」。
まさか玖蘭先輩が優姫の幼い頃からの知り合いだったとは……!
幼い優姫に「枢様!」と呼ばれながら抱き付かれているのを見ていると、どうしても光源氏計画を彷彿してしまいます。
そりゃずっと見守ってきた紫の上の血を吸われたらブチ切れますわな。
今まで彼は胡散臭い存在でしたが、今回でちょっと感情移入出来る様になりました。
まあ、かといって私が零×優派であることは変わりませんがね。

テーマ:コードギアス 反逆のルルーシュ - ジャンル:アニメ・コミック

踏襲
今週の「To LOVEる」。
この作品における私の最萌えキャラである古手川さんが登場!
いざ風紀の乱れを粛清しようとすると、ことごとく彼女にお色気展開の雨あられが降り注いでNice!
リトのことを徐々に意識していくプロセスも、しっかりと王道を踏襲していて心が躍りました。
名塚さんの演技も何ら問題なく、今後もしっかりと萌えられそうで安心。
早く南の島の話や旧校舎のお化けの話などでも、古手川さんの可愛さを堪能したいところですな。

テーマ:To LOVEる -とらぶる- - ジャンル:アニメ・コミック

嬉しい誤算
一昨日の「しゅごキャラ!」で、ついにりまが真骨頂を発揮!
今までその尊大で高慢な態度のせいでイマイチ気に食わなかったのですが、まさか今回ここまで萌えさせられるとは嬉しい誤算でしたよ。
キャラチェンジした時に、ドラゴンボールのフュージョンの様なポーズをしたのも面白かったのですが、やはり注目すべきはその後のりまの恥じらいです。
しかも秘密を共有したことで、あむに懐きまくるという素晴らしい展開に突入!
両親からあまり愛情を注がれていないという可哀想な境遇も手伝って、あっという間に強力な萌えキャラへと昇華されました。
今後は最萌えキャラのスゥと同じくらい彼女も応援していこうと思います。
ところで原作が講談社漫画賞を受賞したとのことで、おめでたいですな。
次回の放送も楽しみですぜ。

テーマ:しゅごキャラ! - ジャンル:アニメ・コミック

卑劣な罠
今週の「コードギアス 反逆のルルーシュR2」。
スザクの卑劣な罠をロロのギアスで何とか突破。
いきなり他人のふりをしてくれと言われても、ちゃんと兄の言い付けを守るナナリーが可愛くてたまりませぬ。
ついルルと一緒に「愛している!」と言ってしまった人も多かったことでしょう。
そして更に後半では総督艦を攻め立て、めでたくナナリーをゲッツ!
……といくかと思いきや、ここでもスザクが邪魔を……。
ナナリーを利用しているくせに、あたかも自分が正義の心で助けに来たかの様に振る舞いおってからに……!
これはもうゼロの正体がルルであることを明かすしかないのでしょうかね。

今週の「ヴァンパイア騎士」。
優姫が零に供血を申し出る→零が好意に甘えて吸血、という方程式がついに確立。
これで毎週の様に、あの色っぽい吸血シーンを楽しめそうですな。
まあ、あまりやり過ぎると玖蘭先輩が大爆発すると思うので、ある程度のセーブは必要でしょうが。
それはさておき、そろそろナイト・クラスの女生徒たちにも活躍していただきたいものです。
特に莉磨あたりが気になっているので、何とかならんものかと心を砕いておりますわ。

テーマ:コードギアス 反逆のルルーシュ - ジャンル:アニメ・コミック

供血
今週の「ヴァンパイア騎士」。
ヴァンパイアにはカースト制度の様な階級があることが判明。
その頂点にいる玖蘭先輩は巧みにパワーハラスメントを発動し、優姫を我がものとしようと画策。
私としてはやはり優姫は零とくっついて欲しいので、おのれ玖蘭めと内心息巻いていたら、その後すぐに零と美味しいシーンに!
レベルEになりそうな零をプールに引きずり込み頭を冷やさせるのですが、その時の優姫の笑顔が「BLACK BLOOD BROTHERS」のミミコさんみたいで、とても包容力がある様に感じました。
いっそのこと零には月に1度くらい御褒美として吸血させてあげたら良いのに。
そして優姫は供血の際に快感を得たりしたら、最高ですな。

テーマ:ヴァンパイア騎士 - ジャンル:アニメ・コミック

悩殺
今週の「コードギアス 反逆のルルーシュR2」。
水泳部主催のカフェが美味し過ぎる!
何なんだこのハイレベルな陣営は……!
男ならついドンペリとか注文してしまっても、それは自然の摂理と言えましょう。
しかもヴィレッタ先生の色っぽいビキニに加えて、シャーリーのツインテール&水着姿のコンボとくれば、抵抗する間もなく悩殺されてしまうこと必至!
そして同じくらい萌えたのが、着ぐるみ姿のカレンをシャーリーが追い掛けるシーンです。
見ていてとても心が和むのと同時に、カレンに代わって着ぐるみの中に入って、シャーリーに追い掛けられたいと心底思いました。
しかしそんな最高な気分も、最後のスザクの行動で台無しに。
ナナリーを愛するルルの心を利用するなんて、まさに外道!
もはやスザクにとってナナリーは単なる道具の1つ――。
激しい怒りはもちろんのこと、深い悲しみも覚えた回となりました。

テーマ:コードギアス 反逆のルルーシュ - ジャンル:アニメ・コミック

絶対可憐、だから負けない!
ニコニコのアニメチャンネルで、待望の「Candy boy」が開始!
双子で百合ものという素晴らしき属性のユニゾンの前に、私の心はあっさりと陥落。
作画も綺麗で、ストーリーも私好みの甘い展開で、かなりの好印象です。
また双子の中に割って入ろうとする咲夜も、可愛くて気に入りました。
同じくニコニコでやっている「ペンギン娘」より遥かに出来が良かったです。
私の中で百合ものの最高峰は「ストロベリー・パニック!」なのですが、それに匹敵する様な作品になるのではないかと予感。

今週の「マクロスFrontier」。
その高慢な性格から、今までなかなか好きになれなかったシェリルですが、今回で株が一気に高騰!
ロッカーの中に2人で入った時は少々あざとくも感じましたが、その後のデレの演出が秀逸だったこともあり、結局スタッフの思惑どおりに萌えさせられてしまいました。
ランカとシェリルのどちらとくっつくのか、本当に楽しみになってきましたな。

今週の「絶対可憐チルドレン」。
ずっと注目し続けていたナオミの登板回がついに到来!
主任の谷崎の光源氏計画に深く感心しながらも、こいつに彼女を取られるのはさすがに我慢ならん!
などと考えていたら、しっかりと谷崎に天誅が下りひと安心。
変な人格が現れてしまいましたが、基本的に皆本には清楚なお嬢様でいてくれるので無問題。
それにしても今回はサービスシーンがありまくりでしたな。
寝起き・女子高・入浴・道場と、まさに眼福の連鎖!
思わず薫のオヤジ元気玉に力を送ってしまいましたよ。
これからもナオミの活躍から目が離せそうにありませぬ。

テーマ:Candy boy - ジャンル:アニメ・コミック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。