ラノベ神髄
ライトノベルの感想やイラストを載せているブログです。 毎週のアニメの感想なども書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
聖地巡礼気分
愛読している「夏のあらし!」がアニメ化するとのことで、嬉しい限り。
やよゐさんの声が誰になるの楽しみです。
4巻もゲットしてきたので、早速読まなければ。

今週の「CLANNAD ~AFTER STORY~」。
体調の悪化から渚が再び休みがちになり、出席日数が足りずに2留が確定。
そんな恋人のことを想って、自分も留年しようとする岡崎は健気ですな。
またそれを諌めようとする渚の父親とのやり取りも、心に響くものがありました。
次回はしっかりとパン屋に就職して、本格的に婿入りの準備をし始めて欲しいものですわ。
あと余談ですが、有紀寧さんって後輩だったんですね。
てっきり年上、低くても同年代だと思っていました。

今週の「とらドラ!」。
先週競泳で負けたために亜美の家の別荘に泊まりに行くわけですが、その途中でまさか新宿駅南口が出てくるとは!
いつも通勤で使っているので、ちょっとした聖地巡礼気分になりました。
竜児たちが奇妙な阿修羅ダンスをしていた、まさにあの場所を毎日通っているのですよ。
その後も亜美の擬似シャワーシーン・北村の全裸騒動・みのりんとの夜のアバンチュールなどナイスな展開が続き、今回もかなり楽しませてもらいました。
やはり竜児とみのりんの恋愛の駆け引きは見応えがありますな。
スポンサーサイト

テーマ:CLANNAD -AFTER STORY- - ジャンル:アニメ・コミック

悔しい光景
今週の「CLANNAD ~AFTER STORY~」。
有紀寧さんが亡き兄に変装してまで抗争を止めようとしたのにはジーンときましたな。
最後の墓参りシーンでは両チームの和解もしっかりと描かれ、実に趣がありました。
また今回体を張った岡崎についても、最初は一方的にボコられていましたが、最終的には相手にかなりダメージを与えたし、立派に大役を果たしたと言えましょう。
しかしこれらの素晴らしさを遥かに超越したシーンがありました。
それはもちろん有紀寧さんへの膝枕!
岡崎が有紀寧さんに膝枕してもらったのではありません。
もちろんそれはそれで至高の感動を覚えるのですが、今回はその逆です。
岡崎が有紀寧さんに膝枕をしてあげているのです!
その穏やかな寝顔はまるで天使の様で、癒されました。
美少女に膝枕をしてあげるのがここまで萌えるものだったとは、まさに世界不思議発見状態ですわ。
そして当然、膝枕を薦めながらもちょっぴり嫉妬しちゃう渚にも萌えたことは言うまでもありません。

今週の「とらドラ!」。
大河の、竜児は私のだ発言キタ―!
女性にここまでストレートに独占欲を主張されると、男冥利に尽きますな。
更に亜美からは別荘でのアバンチュールのお誘いとくれば、まさに両手に花。
私もあんな風に亜美に誘惑されてみたいものですよ。

今週の「あかね色に染まる坂」。
今までひたすら湊一筋だった私ですが、今回の放送を鑑賞して、つかさの株も上がり始めました。
いつもは飄々としている彼女が年相応に可愛らしく恥じらう仕草は、実に美味しゅうございましたよ。
とはいえ、もちろん湊の優位が揺らぐことはありませんがね。
準一が妄想した湊のスク水姿は本当に素晴らしかった……。
彼の妄想はカオスヘッドの主人公に匹敵しますな。

今週の「ヴァンパイア騎士Guilty」。
ついに優姫が枢先輩にヴァンパイアにされてしまいました……。
そしてそれを発見してしまい、怒り狂う零。
零×優姫派の私としては、実に悔しい光景でした。
しかしながらその後すぐに、枢先輩が優姫のお兄さんだったという驚きの展開が……!
こりゃ次回が気になって仕方ありませんぜ。
それはさておき、瑠佳にも徐々に萌えキャラの傾向が表れ始めてきましたな。
この調子で莉磨の萌えキャラ化も是非!

テーマ:CLANNAD -AFTER STORY- - ジャンル:アニメ・コミック

大願成就
今週の「機動戦士ガンダムOO 2nd season」。
マリーさんの人格が戻って、アレルヤの大願が成就!
2人のキスシーンはとてもドラマチックでしたな。
次回以降も遠慮せず、是非ひたすらイチャイチャしていただきたいものです。
また、あの養父になり損ねたおっちゃんの引き際も見事。
もし自分が同じ立場だったら、ああも簡単には諦められませんよ。

最近、土曜の深夜にやっている「絶対やれるギリシャ神話」という番組にはまっております。
ギリシャ神話を下ネタ満載のアニメを絡めて解説するという番組なのですが、妙に凝っていて面白い。
毎回冒頭で渡辺いっけいが「やれやれ、とかく世の男性は~」と嘆くことから始まり、それを改善するにはギリシャ神話を紐解く様に強調し、如何にそれが女性を口説くことに有用であるかを説明。
そしてそれを証明するために自らホステスのもとに出向き、ギリシャ神話を語りつつ、タイミングを見計らって口説きます。
しかしこれがいつも微妙にズレた口説き方になっていて、あと一歩のところでふられてしまい、毎回爆笑ものなんですよ。
あと、何気に身近なところにギリシャ神話が根付いていることに気付かされたり、ギリシャ神話をモチーフにした名画を鑑賞出来たりして、知識欲も見たされて良い感じ。
今期はこれ以外にも「美肌一族」といい、下馬評で色モノと思われていたものが案外面白くて、新鮮な気分ですわ。
ちなみに「美肌一族」は司会のベガス味岡の「まばたき禁止!」が妙にツボだったりします。

テーマ:機動戦士ガンダムOO - ジャンル:アニメ・コミック

誘惑
今週の「CLANNAD ~AFTER STORY~」。
以前有紀寧さんと話していた時に不良っぽい男が乱入してきたことについて、ついにその謎が解明される時がやってきました。
成る程、お兄さんが不良のボスでしたか。
そんな兄を持ちながら、こんなに心が綺麗な女の子に育つなんて凄過ぎです。
何だか私も不良になって、有紀寧さんに介抱されたくなってきちゃいましたよ。
バーでの割烹着姿や渚とのカラオケデュエットにも萌えましたし、私の中で有紀寧さんの株が急上昇中。
そんな萌えキャラがいるというのに、岡崎は不良のお姉さんたちの誘惑にデレデレしまくり。
おかげで渚は俯いてシュンとしてしまいました。
まぁ、この姿にもかなり萌えたわけですがね。

今週の「とらドラ!」。
偽乳特戦隊最高!
この一言に尽きますな。

テーマ:CLANNAD -AFTER STORY- - ジャンル:アニメ・コミック

婉曲
「灼眼のシャナ」の17巻を読んだのですが、結論がまた引き延ばされていてがっかり。
バル・マスケの内部のことを書くのは構いませんが、主要キャラ以外のキャラの描写がかなりしつこくて、読んでいてると疲れてきます。
ダンタリオンの研究の説明とか、あそこまで婉曲的に表現しないで、もっとさくっと読める様にすれば良いのに……。
あとこれ以上新しいフレイムヘイズや紅世の王を出すのは、はっきり言って止めて欲しいです。
「~の~手」みたいな固有名詞が増え過ぎて、もう覚えきれません。
シャナは他と比べて部数が桁違いなので、まだまだ引き延ばさなければならないのはよく解りますが、さすがにそろそろ吉田さんがヒラルダをどうするのか決着をつけて欲しいところです。
まあ、口絵のヘカテーの「ぱくっ」にかなり萌えたので、とりあえず良しとしますが。

「アスラクライン」の声優発表キタ―!
操緒役の戸松さんはまさにドンピシャって感じですな!
嵩月役の野中さんは少々自分のイメージとは違いましたが、経験豊富な方なのできっと上手く演じてくれることでしょう。
早くアニメのキャラデザとかも見たいものですわ。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

コンビニ神拳
今週の「CLANNAD ~AFTER STORY~」。
女装までして頑張った甲斐あってか、ついに謎の少年は美佐枝さんのハートをゲット!
女子更衣室にすんなり入れてもらえたという役得も手伝って、まさに幸せ絶頂の状態に。
更に美佐枝さんの浴衣姿まで見られるとは、たまりませんぜ。
またラストシーンで、地面に手をつきながら微笑む美佐枝さんの色っぽさは天下一品でしたな。
あんな寮母さんがいる寮に私も住んでみたいものですわ。
ていうか猫になりたい……。

今週の「とらドラ!」。
コンビニ神拳キタ―!
原作ではあまりに笑い過ぎて腹が痛くなったシーンでしたが、アニメでも笑えたので良かったです。
あとは亜美に迫られるシーンがGJ!
性格が腹黒だと解っていても、やはりあれにはやられてしまう……。
また次週予告では、亜美だけでなく麻耶と奈々子の水着姿も拝めて眼福でした。
こりゃ当分ワクテカが止まりませんな。

テーマ:CLANNAD -AFTER STORY- - ジャンル:アニメ・コミック

逃した魚
今週の「CLANNAD ~AFTER STORY~」。
美佐枝さんの女子高生姿が新鮮でたまりません。
想い人の兄ちゃんはあんなに可愛い美佐枝さんをふるとは何ともったいない。
まあ既に彼女がいたのだから仕方ありませんが、それでも逃した魚はやはり大きい……。
もし私が同じ立場だったら、あんなにすぐには答えは出せずにいたことでしょう。
それはさておきあの声でプロレス技とかかけていると、どうしてもフルメタのかなめを想起してしまいますな。

今週の「しゅごキャラ!!どきっ」。
なぎひこ復活キタ―!
唯世のキラキラが効かなくても、あむのキラキラはしっかりと効いているところがGJ!
しかも第2のしゅごたままで登場するとは驚きです。
てまりの復活と合わせて、楽しみでなりませぬ。
といった具合になぎひこで盛り上がっていましたが、今回それを遥かに超越したのがりま。
あむをなぎひこに取られるのはイヤという嫉妬から、必死でなぎひこを牽制するりまが素晴らし過ぎる!
今後もりまの一挙手一投足全てから、目が離せそうにありません。

テーマ:CLANNAD -AFTER STORY- - ジャンル:アニメ・コミック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。