ラノベ神髄
ライトノベルの感想やイラストを載せているブログです。 毎週のアニメの感想なども書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
遺憾
↓「アスラクライン」のカバーが一新されるそうです。
http://asura.dengeki.com/blog/?p=765
しかしこれは何とも微妙ですな……。
確かに嵩月も操緒も大好きではあるのですが、これではまるでキャラの立ち絵の差分データを見せられているかの様です。
元々和狸さんは背景もしっかり描ける方なのに、こんな風にする必要性はあったのでしょうか?
あとやはり13巻もこの仕様のカバーになるのでしょうかね?
もしそうなら今まで買い続けてきた私にとっては突然統一性の無いデザインになってしまうので、出来れば背景ありイラストのバージョンのカバーも作って欲しいものです。
新規の読者の獲得に邁進するのは結構ですが、そのために既存の読者を蔑ろにされるのは極めて遺憾ですな。
スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

あなた次第!
「プリンセスラバー!」最終回。
ラストの社交部パーティーで、ヒロインたちとするダンスシーンがとても良かったです。
この作品のOPは秀逸であると常々思っていたので、ここにきての流用は嬉しかったです。
特に聖華さんが哲平の手を引っ張って、ダンスに誘う動きがお気に入り。
また新規に追加された、哲平にダンスに誘われた優さんが慌てる仕草も美味しいですな。
嗚呼、私もこんな社交部に入りたい……。
そして全体の総括についてですが、後半でシリアスパートが長引いたのがちょっと残念だったので、もし2期があれば日常パートで思う存分ラブコメを堪能させていただきたいところですわ。
なお、その際にはもうちょい黒い霧を薄めていただけると幸いです。

テーマ:プリンセスラバー - ジャンル:アニメ・コミック

死守
巨人が強過ぎる……。
月間のチーム打率が3割を超えているなんて、反則ですがな。
チェンか吉見のどちらかに勝ってもらって、目の前の胴上げだけは何としてでも阻止していただきたいところです。
あと打点王ゲットのために、森野とブランコの前にランナーを!

テーマ:中日ドラゴンズ - ジャンル:スポーツ

ドラマティックベースボールコミック
今週のサンデーの「MAJOR」。
試合でもないのに表紙&巻頭カラーなので、こりゃ何かあるなと思ったら、何と吾郎が清水にプロポーズ!
俺とバッテリーを組んでくれなんて、まさに野球バカの吾郎が言うにふさわしい口説き文句でした。
そして公園のブランコに座ったままの清水とファーストキス。
小学生の頃から育んできた2人の絆の集大成とも言うべき描写で、実にドラマティックな演出でしたよ。
これぞまさに「ドラマティックベースボールコミック」ですね。

テーマ:週刊少年サンデー全般 - ジャンル:アニメ・コミック

[感想]ラプンツェルの翼Ⅲ
立派な天使になるための研修を受けるために、奈々が配属されたのはユーロランドというテーマパーク。
そこでマイナーキャラのグッズの物販に勤しむ彼女を見て、遼一は安心しつつも頭のどこかで複雑な気持ちを抱いていた。
そんな折、天使たちの急進派によるクーデターが勃発し、遼一は奈々と共にアトラクションに設置されたゲームに挑むことになる――。

といった具合に始まる第3巻。
今回ももちろん、死と隣り合わせのゲームが健在です。
「賭博覇王伝 零」のドリームキングダムみたいで、スリル満点でした。
まず観覧車のゲームは、先を行くカゴのミラーに自分のカゴの下にいるモンスターを映すのかなとか色々考えたのですが、結局解けずじまい。
答えを読んだら成る程納得で、いつも通り強烈なアハ体験を堪能。
ただもし遼一が最初に乗っていたら、大変なことになっていたでしょうな。
スプラッチのゲームは、最後の問題だけは答えを読んでも解り難かったです。
一応納得は出来るのですが、アハ体験の度合いは今までのものより、やや減少。
剣と盾のゲームは、随分簡単なゲームだなと思ったら、まさか敵が一般の入場客だとは!
入場客を殺さねばならないが時間切れだと自分が殺されてしまうという、非常に悪趣味なジレンマ。
だがこのドロドロ感こそが土橋先生の真骨頂。
果たして遼一はいったいどんな決断をするのやら……、と思っていたらここで終わっちゃうんですか!?
こんな中途半端な状態でまた数ヶ月待たねばならんとは、まさに生殺しですわ。
続きが気になって仕方ないので、せめて3ヵ月後には4巻を出して欲しいところです。

そして女性キャラの考察についてですが、まずキサラギが生きていたことに驚きました。
2巻のラストでジェシカにくらった一撃が致命傷だと思っていたのですが、天使の回復能力は本当に凄いですな。
そんなこんなで再登場となったキサラギですが、いざ仲間になってみるとやはり可愛く見えてきてしまいます。
前回あんなにむかついた相手だったのに……と思わなくもないですが、昨日の敵は今日の萌えキャラということで。
スプラッチを馬鹿にしていたことに対して改心するシーン、「俺たちはやったぞ!」と叫ぶ遼一に抱き締められるシーン、姫を守れなかったために落ち込んでしまうシーン。
どれも彼女の人間味が垣間見えて、実に美味しゅうござんした。
というわけでキサラギ株が高騰しておりますが、それを遥かに凌駕しているのがジェシカ。
死ぬ可能性がとても高いゲームに挑もうとしている遼一を必死に引き止めるだけでなく、東京に行くのは遼一がいるからだと殆ど愛の告白みたいなセリフを言ってくれるなんて、素晴らし過ぎる!
なおかつユーロランド全体の電源をシャットダウンさせようとする悪辣なお姉様(←逝って良し!)に、意見をしようとしてくれたのが嬉しかったです。
奈々のスプラッチの歌とかも可愛かったのですが、やはりジェシカが私的最萌えの座を他のキャラに明け渡すことは当分ないでしょう。

あと気になったのは新キャラのアンナ。
お世話係がいるということは、きっと彼女が本当の姫なのでしょうね。
4巻で最後のチェストを開ける時に、「ツァラトゥストラへの階段」3巻でオリビアを助けた時の様な心地良さを堪能できるのを期待します。
それとロッククライミング同好会の後輩の摩耶ちゃん。
正直あの同好会に女子がいるとは思わなかったので、嬉しい誤算でした。
2巻で出てきた美穂の後輩の亜紀ちゃん共々、レギュラー化及びイラスト化を希望です。
もしそうなったら、彼女たちを川崎の毒牙から守ってやらなければ……!
rapu3.jpg

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

幸せの自覚
今週の「PandoraHearts」。
久々にエイダの登場!
大好きなお兄ちゃんと一緒に過ごすためにわざわざ訪ねに来てくれるなんて、男冥利に尽きますな。
しかも綺麗なドレスでおめかししたエイダと、兄妹水入らずのラブラブお買い物タイムとくれば、まさにヘブン状態
……だというのに、それをあっさり放棄してしまうとは、果たしてオズは正気なのでしょうか?
シスコンになれとまでは言いませんが、もう少し妹に対して執着心を見せてくれても良いのではないでしょうか?
オズは今自分がどれだけ幸せな境遇にいるのかを自覚すべきだと思います。

テーマ:PandoraHearts - ジャンル:アニメ・コミック

想像の翼
「れでぃ×ばと!」アニメ化キター!
漫画化ドラマCD化と、順調にメディアミックスを進めていたので、発表は時間の問題だと確信していました。
キャストはドラマCD版とほぼ同じメンバーなので、あまり不安は無さそうですな。
監督とキャラデザは「かのこん」の人とのことなので、こりゃ相当エロくなりそうな予感。
何はともあれ、早く四季鏡姉妹の表紙がGJな新刊を読まなければ。
と、いきたいところですが、その前に最優先事項として「ラプンツェルの翼」の新刊がありました。
まだ本文は読んでいませんが、口絵を見たらキサラギが生きていてビックリ。
もしかして、マリアも生きていたりするのでしょうか。
あと今回は後書きだけでなく、電撃の缶詰にも土橋先生が出張して、さりげなく美人編集さんへの攻撃をしているのが最高でした。
また私の中で想像の翼が広がっていくというものですわ。
疑似的結婚生活
私の心のオアシス、「はなまる幼稚園」の最新刊を読破。
毎日の仕事で疲れた心と体を、今回も園児たちの笑顔で癒してもらいました。
そしてもちろん最萌えキャラの山本先生のチェックも欠かせません。
山本先生の妖精姿に萌えて、山本先生との擬似的結婚生活に感動し、山本先生の幼稚園児姿に強烈な父性愛を覚え、山本先生のスパでの入浴シーンに心ときめきました。
あと山本先生にそっくりなヒロインが登場する恋愛シミュレーションゲーム。
あれは一体どこに行けば買えますか?
マジであんなゲームが欲しいので、誰か同人でも良いので作ってくれませんかねぇ。
さらにそれに加えて、嫉妬のあまりヒロインの名前を勝手にいじる妹もいてくれれば感涙ものですな。

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

連載終了
今週のジャンプで「ToLOVEる」の連載が終わってしまった……。
印刷所か製本所だかのリークで噂はされていたけど、まさか本当に終わってしまうとはショックです。
ここ最近掲載順がやたらと後ろの方だったことを考えると、やはりアンケートが不評だったのでしょう。
それでもコミックスの売上げはOVA付きも含めて盛況なのに……何とも贅沢な話です。
そういえば「バクマン」の中井さんたちの連載も、コミックスの売上げよりアンケートを重視していましたね。
利益をきちんと出していても終わらせられるとは、厳しい世界ですな。
Dグレみたいに別雑誌でも良いので、続けてくれんかのぉ。

テーマ:To LOVEる -とらぶる- - ジャンル:アニメ・コミック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。