ラノベ神髄
ライトノベルの感想やイラストを載せているブログです。 毎週のアニメの感想なども書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[感想]ラプンツェルの翼Ⅲ
立派な天使になるための研修を受けるために、奈々が配属されたのはユーロランドというテーマパーク。
そこでマイナーキャラのグッズの物販に勤しむ彼女を見て、遼一は安心しつつも頭のどこかで複雑な気持ちを抱いていた。
そんな折、天使たちの急進派によるクーデターが勃発し、遼一は奈々と共にアトラクションに設置されたゲームに挑むことになる――。

といった具合に始まる第3巻。
今回ももちろん、死と隣り合わせのゲームが健在です。
「賭博覇王伝 零」のドリームキングダムみたいで、スリル満点でした。
まず観覧車のゲームは、先を行くカゴのミラーに自分のカゴの下にいるモンスターを映すのかなとか色々考えたのですが、結局解けずじまい。
答えを読んだら成る程納得で、いつも通り強烈なアハ体験を堪能。
ただもし遼一が最初に乗っていたら、大変なことになっていたでしょうな。
スプラッチのゲームは、最後の問題だけは答えを読んでも解り難かったです。
一応納得は出来るのですが、アハ体験の度合いは今までのものより、やや減少。
剣と盾のゲームは、随分簡単なゲームだなと思ったら、まさか敵が一般の入場客だとは!
入場客を殺さねばならないが時間切れだと自分が殺されてしまうという、非常に悪趣味なジレンマ。
だがこのドロドロ感こそが土橋先生の真骨頂。
果たして遼一はいったいどんな決断をするのやら……、と思っていたらここで終わっちゃうんですか!?
こんな中途半端な状態でまた数ヶ月待たねばならんとは、まさに生殺しですわ。
続きが気になって仕方ないので、せめて3ヵ月後には4巻を出して欲しいところです。

そして女性キャラの考察についてですが、まずキサラギが生きていたことに驚きました。
2巻のラストでジェシカにくらった一撃が致命傷だと思っていたのですが、天使の回復能力は本当に凄いですな。
そんなこんなで再登場となったキサラギですが、いざ仲間になってみるとやはり可愛く見えてきてしまいます。
前回あんなにむかついた相手だったのに……と思わなくもないですが、昨日の敵は今日の萌えキャラということで。
スプラッチを馬鹿にしていたことに対して改心するシーン、「俺たちはやったぞ!」と叫ぶ遼一に抱き締められるシーン、姫を守れなかったために落ち込んでしまうシーン。
どれも彼女の人間味が垣間見えて、実に美味しゅうござんした。
というわけでキサラギ株が高騰しておりますが、それを遥かに凌駕しているのがジェシカ。
死ぬ可能性がとても高いゲームに挑もうとしている遼一を必死に引き止めるだけでなく、東京に行くのは遼一がいるからだと殆ど愛の告白みたいなセリフを言ってくれるなんて、素晴らし過ぎる!
なおかつユーロランド全体の電源をシャットダウンさせようとする悪辣なお姉様(←逝って良し!)に、意見をしようとしてくれたのが嬉しかったです。
奈々のスプラッチの歌とかも可愛かったのですが、やはりジェシカが私的最萌えの座を他のキャラに明け渡すことは当分ないでしょう。

あと気になったのは新キャラのアンナ。
お世話係がいるということは、きっと彼女が本当の姫なのでしょうね。
4巻で最後のチェストを開ける時に、「ツァラトゥストラへの階段」3巻でオリビアを助けた時の様な心地良さを堪能できるのを期待します。
それとロッククライミング同好会の後輩の摩耶ちゃん。
正直あの同好会に女子がいるとは思わなかったので、嬉しい誤算でした。
2巻で出てきた美穂の後輩の亜紀ちゃん共々、レギュラー化及びイラスト化を希望です。
もしそうなったら、彼女たちを川崎の毒牙から守ってやらなければ……!
rapu3.jpg
スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sasurai2.blog58.fc2.com/tb.php/438-1addee50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。